安く、便利に、健康に生きる為の代替品

KAWARI【代わり】

結婚式場の代わり

お金

結婚式場の代わりに自己プロデュース【自己負担ゼロで余裕でできる】

更新日:

ひよっ子
結婚式を結婚式場で挙げるのってもったいなくない?

という話をします。

結婚式を否定している訳ではなく、「結婚式にそんなにお金払う必要ある?」としっかり考えてみようという話です。

おすすめは「自己プロデュース、またはプロデュース会社に依頼」です。

結婚式が良い機会なのは間違いない

勘違いの内容にお伝えすると、僕は結婚式経験者で、結婚式は賛成派です。

結婚式はしなくても良いと思っていたのですが、妻の希望が強く、やることにしました。

結婚式を終えて思ったことは、「親や祖母、親族に感謝を伝える場面は多くないないので結婚式をやって良かった」ということです。

特におばあちゃんに喜んでもらえたのが嬉しかったです。

そして親族での集まりに妻もスムーズに入れるようになったので、その点も良かったです。

結婚式場でお金搾取されてない?

結婚式は賛成派ですが、結婚式に必要以上にお金を払うのは大反対です。

結婚式場で結婚式を挙げる費用は高すぎます。

結婚式場はキレイです。豪華です。設備がすごいです。

でもその費用を負担しているのは「客」です。

ブライダル総研によると結婚式にかかる費用は下記です。

  • 結婚式総額は357.5万円
  • ご祝儀総額は232.8万円
  • カップルの自己負担額は142.8万円
出展:結婚式トレンド調査(ブライダル総研)

自己負担142万円て。

よく考えると、「高すぎる」と思いませんか?

結婚式なんのためにやるの?

「結婚式を何のためにやるか」というのをしっかり考えましょう。

大体の人は「日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを伝える」と答えるはずです。

、、、

何百万も使って、もてなすことが感謝の気持ちの伝え方ですか!?

それよりも、毎月おばあちゃんに電話したほうが感謝は伝わると思います。

結婚式場で挙げる必要はない

感謝を伝えるのが結婚式なら、高いお金を払って結婚式を挙げる必要はありません。

豪華過ぎる設備や演出などの「見栄」をなくしましょう。

引き出物もいらないですね。結婚式によくある意味のない文化を断る勇気が必要です。

簡単にいうと、「結婚式場の正規プランで挙げるな」ということです。

結婚式場で挙げなければ、かなりの費用を抑えることができます。

レストランで貸し切り費用をを払えば、結婚式は普通にできます。

僕は結婚式の1.5次会・2次会の幹事代行のプロデュースの仕事をしていたことがあります。

その時のお客さんで、下記のような人がいました。

  • レストランのビュッフェプランのメニュー(一人6,000円)
  • 貸切料金なしの会場(40名以上の場合)
  • プロデュース会社をつける(一人あたり約2,500円プラス)
  • ゲストは会費制12,000円

自己負担ゼロどころか、20万円程プラスで結婚式をできていました。

ゲストの負担もかなり抑えられています。引き出物はありませんでしたが、それで祝儀3万円→12,000円になるなら嬉しいですよね。

「必要なものだけにお金を払う」という意識を持てば、かなり結婚式の費用は抑えられます。

「何にお金を払っているか」ということを常に意識しましょう。

結婚式場の場合は、無駄な部分にお金がかかりすぎます。

結婚式場で結婚式を挙げて良いのは、お金が有り余っている人だけです。

安く結婚式を挙げる2つの方法

費用を抑えて結婚式を行う方法は下記のふたつです。

結婚式費用を抑える方法

  1. 自己プロデュース
  2. プロデュース会社に依頼

自己プロデュース【一番安い】

一番費用を抑えられる方法は、自分たちで手配することです。

  1. 料理代だけで貸切できるレストランを見つける
  2. 自分たちで企画を考える
  3. ドレス、花、司会者、幹事などを自分たちで手配する

自分たちでプロデュースすることでかなりの費用が削減できます。自己負担ゼロで余裕でできます。

デメリットは、「時間・手間がかかる」ということです。

プロデュース会社に依頼

「忙しくて自分で手配している隙がない」という方はプロデュース会社に依頼しましょう。

1.5次会、2次会のプロデュース会社で、会費制ウェディングができるところを探しましょう。

上記のようなプロデュース会社があります。プロデュース会社によって様々なプランがあるので内容を見比べてみましょう。

プランをカスタマイズできる会社を選ぶのがおすすめです。

必要なことはプラスし、要らないものは無くして結婚式を作りあげていきましょう。

自己負担ゼロとまでは行かないかもしれませんが、結婚式場のプランと比べかなりお値打ちに結婚式が挙げられます。

まとめ:結婚式で大事なことを見失わないように

結婚式に高額なお金をかけるのは、おすすめしません。

車や家と違って、結婚式は形として残りません。

できるだけ費用を抑え、その後の人生に残しておいたほうがよいです。

本当に大切なこと、お金をかける必要のあるものにお金を払いましょう。

ちなみに、僕はキャンプ場で結婚式をしました。バスチャーターや1日貸切・宿泊込、会場装飾すべて込みで自己負担は27万円程(親の援助含まず)でした。

-お金

Copyright© KAWARI【代わり】 , 2019 All Rights Reserved.